月別アーカイブ: 2017年9月

ますけん祭やりました 

みなさまこんにちは!吉田です(^_^)/

 

9/23.24で開催致しました【ますけん祭】、

無事終了致しました!

DSC_0025

貴重なお休みを使ってお越し頂きました皆々様

ありがとうございました!!

 

今回のますけん祭りは、

お家作りに役立つ2日間という事で開催させて頂きましたが、

まず!ミニテクノストラクチャーの【ミニミニ上棟式】は

boysが興味を持ってくれ、

監督がばっちりレクチャーしておりました(笑)(^∀^)

DSC_0053

将来は大工さん!かな!?

 

 

キッズコーナーでは、ヨーヨー釣りや、わなげなど・・・

IMG_1748 DSC_0016

お子様達が楽しんでくれている様子を見てホッとしました(*^∀^*)

DSC_0021DSC_0047

みんな楽しかったかな・・・?(*^∀^*)?

 

 

そして、日本トリムさんの電解水素水パワーのお話では、

みなさん興味津々(◎o◎)!

DSC_0034

今回はトリムのお水で炊いたご飯とおかずが

入ったお弁当が配られたので、みなさんで試食会(^_^)♪

DSC_0042

ご飯の甘みが際立って、お世辞抜きで

本当においしゅうございました(*^_^*)♪

お水って大切なんですね~☆

 

そしてそしてIHクッキングコーナーでは、

DSC_0028

びっくりするくらい簡単なのに、

手が込んでるように見えるお菓子を作って頂きました!

IMG_1733

どれも美味しくて、つまみ食いが止まりませんでした(笑)

今回は紙皿ですが、カワイイお皿に並べたら、

オシャレなティータイムになりそうですね(*^_^*)♪

 

 

普段なかなかお会いできないOB様にもお越し頂きまして、

DSC_0022

スタッフ一同、本当に嬉しいです(*^∀^*)♪

DSC_0033

改めまして、ご来場いただきました皆々様

ありがとうございました!!

続きまして!!

来る10/8(日)9(祝)東松山モデルハウスにて

ますけん祭第二弾をやります!

お近くを通る際にはぜひみなさまお立ち寄りください(*^_^*)

川越市T様 地鎮祭

こんにちは。宮崎です。

 

昨日、川越市T様邸の地鎮祭を行いました。

DSC03812

ご契約頂いてからあっという間に月日が経って、

地鎮祭の場には家族が一人増えました。

今年はおめでたい続きですね。

 

地鎮祭も無事終わり、いよいよ工事が始まります。

新年はご新居で迎えられる事になりますね。

楽しみにしていてくださいね!

花の都。屋根の無い美術館

こんにちは。新入社員の高野です。

 

前回イタリアのローマについて少しご紹介しました。

今回は“フィレンツェ”についてご紹介します。

 

花の都フィレンツェ。

前回紹介したローマの、遺跡がある雰囲気とはまた少し違い

ちょっぴり上品な、でも『屋根のない美術館』と街全体が

称されるように、歴史ある古い建物が建ち並んでいる

そんな都市でした。

 

私自身が1番感動したゴシック様式の建物『ジョットの鐘楼』

ジョット

この繊細さ!感動ものです!

建物の外観を見入っていたら1時間過ぎていました(笑)

そのくらい細かくて繊細で素敵なデザインでした。

(なぜかこの建物の前に立つと背が高く見えました、錯覚ですかね)

 

 

そして『サンタマリアノヴェッラ薬局』

薬局

ご存じでしょうか?

約400年の間、薬局として営業している世界最古の薬局です。

外観は歴史を感じる雰囲気です!

内観

外観からは想像できない清潔感が内観にはあふれています。

 

昔も今も変わらない手法で石鹸や化粧品を製造してるみたいです。

豪華で、でもなんだか落ち着いている雰囲気の内観です。

 

まだまだ紹介したいことがありますが、今回はこの辺で(^^)/

みなさまこんにちは!吉田です(^∀^)/

 

さて、またしても急に思い立ち、

ぷらりと湯河原までダラダラしに(笑)行ってきました。

 

せっかくなので、なにか手作り体験でもしようかと、

陶芸教室【ごえんず】を見つけたので行ってみました。

IMG_1554IMG_1557

久々に土を触りましたが、

物作りの【無】になる感じがとても好きです。

IMG_1560

焼酎セットと、一輪挿しと、箸置きを作ってみました(*^_^*)

 

こちらの【ごえんず】さん、先生が大変気さくな方で、

とーーーーーっても楽しい時間を過ごせました♪

ぜひまた行こうと思っています(#^∀^#)

三か月後くらいで焼きあがった作品が届くそうなので、

またブログ掲載させてくださいね♪

 

楽しくなってきたので、もう一つ何か作ろうかと、

ステンドグラス教室にもお邪魔してみました。

IMG_1583

私は写真立てを作ってみました♪

ハンダ付けが面白くて、これまた【無】になって

作り上げました(ー∀ー)

初体験でしたが、あまりの楽しさにハマりそうです・・・♪

 

余談ですが、ステンドの黒枠って元々黒いのかと思いきや、

ハンダに薬品を塗る事で化学反応を

おこして黒色に変化させていたんですね~。(知らなかった・・・)

 

で、これまたせっかくなので以前社長がブログ掲載していた、

日本屈指のパワースポット【来宮神社】へ。

IMG_1605

樹齢2000年以上、国指定の天然記念物である御神木、

【大楠】にパワーを頂いて参りました。

IMG_1609IMG_1615

この迫力を写真では上手くお伝え出来ず残念なのですが、

目の前に行くと、どどーーーんっっ!て感じです(>∀<)

 

この大楠の生命力にあやかって、

健康を祈る人が訪れると聞いていましたので、

年老いた両親の健康を願って、

木肌が剥がれちゃうんじゃないの!?ってなくらい

大楠をたくさん触ってきました。

 

幹を一周すると寿命が一年延命するとも聞いていましたが、

勢いあまって二週目に行きかけた時、

欲張るとご利益がなくなってしまうかも!と我に返り(笑)、

おとなしくその場を後にしました。

来福・縁起の神として信仰されているそうなので、

これからたくさんのご縁が生まれ、みんなが福になりますように(^_^)

 

そんな【ダラダラ】+【無】+【パワー】な旅の

ご報告でございました。

今回はこのへんで・・・

『シューズクロークをつくるなら知っておきたいこと』

こんにちは。水垣です。

今回は、外で使う色々な物を収納できる、

【シューズクローク】についてご紹介したいと思います。

 

シューズクロークとは、

靴をメインに収納するだけでなく、

傘やアウトドアグッズや趣味の物など、

外で使う物を入れておける収納のことを言います。

1階 平面図

基本的には外で使う物を収納するので、

玄関横につくることがほとんどです。

中には、シューズクロークをウォークスルーにして

シューズクロークから家の中に上がれるように

なっている間取りもあります。

_Y7A7400ms

このように最近ではシューズクロークがある家が

かなり多くなってきていますが、

何も考えずにシューズクロークをつくってしまって後悔する

なんてことも・・・。

_MG_4558ms

では、シューズクロークをつくるときには

何に気をつければいいのでしょうか?

 

まずはシューズクロークの幅についてです。

基本的な木造住宅の場合、

基準となる寸法が91㎝となることが多く

シューズクロークもその寸法を使って

つくられることが多くあります。

 

91㎝でつくってしまうと、

実際に使える幅は75㎝ほどになります。

75㎝とは一般的な廊下の幅と同じぐらいです。

手前に物を置いてしまうと奥まで行きにくくなり

シューズクロークの奥は物置に・・・

なんてことになってしまいます。

そのため収納したい物によって、

幅を調整してあげることが必要になっていきます。

 

次に窓をつけるかどうかという点です。

シューズクロークをつくる際に

必ず必要という訳ではありませんが

窓があると昼間は明かりが入るので

電気を付けずに使えます。

DSC_0554

また、シューズクロークで意外と気になるのがニオイです。

窓があると採光だけでなく換気もできます。

もちろんシューズクロークだけではなく

玄関と合わせて換気ができるとベストだと思います。

 

今回はシューズクロークについて

ほんの少しだけのご紹介になりましたが

また後日、ご紹介したいと思います。

【スーモ注文住宅 埼玉で建てる 秋号】発売中!

みなさまこんにちは!吉田です(>∀<)♪

 

ご報告が遅くなりましたが、

【スーモ注文住宅 埼玉で建てる 秋号】が好評発売中です!

DSCN1136

わたくし、

この雑誌の紙面や撮影にちょこっとだけ関わっているので、

人一倍愛着がありまして・・・(*^_^*)

会社にも置いてあるので散々見ていながらも、

コンビニなどで目にすると、

つい手に取って立ち読みしたりしています(笑)

 

この本、施工例だけでなく、ためになるマメ知識なども

載っていたりしておもしろいんですよ(*^∀^*)♪

ぜひぜひ増田建設のページも見てくださいね♪

A様邸 お引き渡し

こんにちは。監督の大木です。

 

先日、お引き渡し致しましたA様邸、

残念ながらブログ掲載はNGとの事なので、

お礼の言葉だけ載せさせて頂きます。

 

お忙しい中、ご夫婦だけでなくご両親まで

毎日のように現場に来てくださり、

打合せも兼ねてたくさん楽しいお話をさせて頂きました。

また、職人さん達にも大変お気遣い頂き

本当にありがとうございました。

この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 

とても明るいA様ご家族、

ご新居で楽しい想い出を増やしてくださいね。

これからも宜しくお願い致します。